アカウント構成は検索意図と広告掲載順位を元に設計する...

マッチタイプはどのレベルで分けるのが適切か? マッチタイプは広告グループで分けて管理することが、そもそも前提として議論されているようだし、そのようなアカウント構成を採用していることが多いだろう。だが、私はまずマッチタイプを広告グループで分けて管理する妥当性…

YDN・GDNで低単価かつ大量配信でCV獲得につなげる方法...

リスティングの攻め方は大きく分けると2つある。 見込み客を確実にターゲティングし、狙い撃ちする方法。 検索連動型広告はまさにこれに当たり、見込み客の集客との引き換えに、高い入札単価を払う選択。 対する方法は、ターゲティングは広く浅く網をかけるが、その代わり…

インタレストカテゴリーを組み合わせることでサーチターゲティングのビックキーワード...

前の記事でさらっと書いたが、かなり使えるテクニックなので再度詳しく解説する。 そもそもサーチターゲティングとインタレストカテゴリーを組み合わせること事体が、発想されないものだ。 だが、インタレストカテゴリーとサーチターゲティングを組み合わせることで、サーチ…

サーチターゲティング x インタレストカテゴリーで擬似的に新たなサーチキーワード...

サーチターゲティングは検索をかけたユーザーを後追いするターゲティングだが、思いのほか効果が上がらないと感じる。 その為、ユーザーがかけた検索日からの期間を指定してのターゲティングを行えるようになったアップデートは、ターゲティングの質を上げるためのサーチター…

【 手動プレースメント 】ビジネス系メディアURLまとめ【 Gmail広告 】...

現状、所得のセグメントは日本のAdWordsには備わっていないため、高所得層へアプローチするには、ビジネス系のメディアのアドセンス枠なり、Gmail広告のドメインターゲットを利用する方法が1つ考えられる。 新聞だと読者の幅がかなり広まってしまうため、広くリ…

【 手動プレースメント 】主要新聞URLまとめ【 Gmail広告 】...

主要5社の新聞のデータをまとめてみた。 特定のセグメントされたターゲットへアプローチするというよりも、とりあえず新聞を読む意識がある層や、電子版の新聞を講読している平均以上の所得がある層へアプローチできる。 ノンターゲティングをするよりも、多くの層へ配信で…

あるプレースメントを組み合わせてサーチターゲティングの成果を劇的に上げる方法...

これはサーチターゲティングに限ったことではないのだが、特に成果が見込めるのがサーチターゲティングであり、現状、サーチターゲティングで成果が出ていないのであれば採用する価値が大いにあるやり方だ。 もちろん今から解説することはリターゲティングでも成果が出る。 …

【 Adwords 】ライトボックス広告の解説【 2016年度版 】...

なぜか認知度が低いというか、敬遠されがちなライトボックス広告。 使ってみると、別に通常のバナー広告の作成とほとんど変わらないし、見せ方のバリエーションが増えるので、もっと使う機会が増えていいと思う。 なんとなくイメージから、上級者が使うものとして敬遠されて…

Gmail広告の隠れた指標

Gmail広告もリリースばかりでこれから仕様の変更が頻繁に行われていくと思うが、現時点でGmail広告のデフォルトで確認できる指標では不十分だと感じる。 その不十分な指標を補うための指標をこれから解説する。 私はこれらの隠れた指標について「実際の」というネ…

AdWordsから見た「ページ単位の広告」【アンカー広告/モバイル全画面広告】...

知識のバックグラウンドをいくつも持っておくと、異なった視点から眺めることができるので単純に見解の幅が広がる。 それは全く関連性のないジャンルでもいい。むしろその方が真似できないバックグラウンドの組み合わせとなるため差別化が図りやすい。 だがそれは修得に困難…