【詳解】ターゲット地域の詳細設定...

ターゲット地域の詳細設定とは、ユーザーの所在地もしくは、ユーザーが関心を指名している地域に基づくターゲティングのオプション設定であり、同一の機能がGoogle広告とYahoo!プロモーション広告に備わっている。なので、ただ地域に基づく配信ではなく、ユーザー…

【Google広告】ビュースルーコンバージョンについての一考察...

ビュースルーコンバージョンとは、バナー広告は目にしたがクリックはせずに、後にコンバージョンに至った場合、その目にしたバナー広告に対して貢献度が割り当てられる計測のこと。 なので、ビュースルーコンバージョンはGoogle広告に限定された機能ではないけど、この…

指名キーワードを登録する判断基準とメリット6選...

指名キーワード(ブランドキーワード・社名キーワード)を登録すべきかの私の見解は、大方登録した方がよいケースが多いと思うけど、一概に登録するか否かの判断を出すことはできない。それはコンテキストによるところが大きいから。 例えば、ECサイトや店舗型ビジネスの場…

【詳解】検索向け類似ユーザー機能 ...

検索向け類似ユーザー機能とは、リマーケティングリストを元に検索の類似性があるユーザーを割り出し、このオーディエンスをターゲット設定し新規ユーザー(サイト未訪問)に限定して検索広告を配信できる機能。 つまり、予め対象となるユーザーを絞り込んだ上で配信ができる…

【詳解】除外キーワードの設定思考プロセス...

除外キーワードとは、ユーザーの検索クエリに特定の語句が含まれていた場合に広告表示対象から外す設定のこと。(Yahoo!プロモーション広告では「対象外キーワード」と呼ばれる)要は、キーワード設定と反対の概念で、検索クエリに「どのキーワードが含まれていたとき広…

広告グループをマッチタイプ別に作成する重要性...

マッチタイプは広告グループ毎に分けた方がいいのか、それとも1つの広告グループの中で管理した方がいいのかの回答は、どちらでもいい。広告グループで管理することで、掲載順位や検索クエリやインプレッションシェアの損失率などが見やすくなるので、その点を考慮するのかし…

絞り込み部分一致とは -フレーズ一致との違い...

絞り込み部分一致とは、登録キーワードの全てが検索クエリに含まれていた場合に、広告表示の機会が与えられる「構文の一致」のマッチタイプ。 絞り込み部分一致の特徴 絞り込み部分一致としてキーワードを設定するには、キーワードに先頭に[+]を付けることで機能する。 …

集客を上げる配信エリアの効果的なプロモーション設定...

特に来店型のビジネスを展開していている場合、通常、大きな範囲で配信エリアを指定していると思うけど、さらにそこから配信エリアを狭く指定することで、2重3重と配信エリアを指定する視点が欠けているケースがある。ここを調整するだけでも大きく成果改善の可能性がある。…

完全一致の詳細解説 -意味による一致...

完全一致のマッチタイプについて最近重要な仕様変更が行われた。これまで完全一致は「構文による一致」の位置づけであったが、「意味による一致」へと変更された。これにより多少昔に書かれた公式ヘルプページ以外のネット上に転がっている記事は現時点の仕様を反映していない…

【受験記】SEO検定2級【難易度】...

全日本SEO協会が主催しているSEOの検定で1級から4級までのグレードがある。SEO検定の合格率は公表されているのでこちらを参照。→https://www.ajsa.or.jp/kentei/seo/goukakuritu.html ※正確な情報は公式ペー…

グローバルサイトタグ・GTMを用いたCV設定の基本...

Google広告を利用している中には、代理店でリスティングを運用している人以外にも、自社運用で本業の傍らリスティングの運用を行っているケースがあると思う。むしろそちらの方が多いのではないか。そのような人たちがグローバルサイトタグへの移行をスムーズに行えるの…