広告カスタマイザで地域に応じて広告文をカスタマイズする...

広告カスタマイザを使うことで広告文をいくつも作成することなく、多くのバリエーションを作成することができる。このメリットは広告文のインプレッションやクリック数のデータを1つに集約されることで、広告に対して正確な評価がされやすくなり配信の最適化がなされる。 例…

【個人向け】技術ブログの書き方とメリット...

SEOに強い技術ブログを書くためのノウハウと、技術ブログのメリットについてここの記事にまとめていきたい。 始めに総括すれば、単に雑記ブログではなく、技術ブログを運用していくことはWebマーケティングの知見を高めていくことが出来るツールとなる。これは単にイン…

【Google広告】電話コンバージョンの種類...

Google広告で計測可能な電話コンバージョンの種類はいくつかあり、それぞれ計測方法や使用頻度が大きく異なる。そのため関連するGoogle広告のヘルプページも多岐に渡り、電話コンバージョンの全体を把握するに必要な情報量も多い。 私自身、実際これまで使ったこ…

【詳解】サーチターゲティング...

YDNのサーチターゲティングとは サーチターゲティングとはYDNのターゲティングの1つで、Yahoo検索やYahooの関連サイトで検索したユーザーの検索履歴をもとに、Yahoo!ディスプレイアドネットワークにディスプレイ広告として配信できる機能。なので予め…

【詳解】ターゲット地域の詳細設定...

ターゲット地域の詳細設定とは、ユーザーの所在地もしくは、ユーザーが関心を指名している地域に基づくターゲティングのオプション設定であり、同一の機能がGoogle広告とYahoo!プロモーション広告に備わっている。なので、ただ地域に基づく配信ではなく、ユーザー…

【Google広告】ビュースルーコンバージョンについての一考察...

ビュースルーコンバージョンとは、バナー広告は目にしたがクリックはせずに、後にコンバージョンに至った場合、その目にしたバナー広告に対して貢献度が割り当てられる計測のこと。 なので、ビュースルーコンバージョンはGoogle広告に限定された機能ではないけど、この…

指名キーワードを登録する判断基準とメリット6選...

指名キーワード(ブランドキーワード・社名キーワード)を登録すべきかの私の見解は、大方登録した方がよいケースが多いと思うけど、一概に登録するか否かの判断を出すことはできない。それはコンテキストによるところが大きいから。 例えば、ECサイトや店舗型ビジネスの場…

【詳解】検索向け類似ユーザー機能 ...

検索向け類似ユーザー機能とは、リマーケティングリストを元に検索の類似性があるユーザーを割り出し、このオーディエンスをターゲット設定し新規ユーザー(サイト未訪問)に限定して検索広告を配信できる機能。 つまり、予め対象となるユーザーを絞り込んだ上で配信ができる…

【詳解】除外キーワードの設定思考プロセス...

除外キーワードとは、ユーザーの検索クエリに特定の語句が含まれていた場合に広告表示対象から外す設定のこと。(Yahoo!プロモーション広告では「対象外キーワード」と呼ばれる)要は、キーワード設定と反対の概念で、検索クエリに「どのキーワードが含まれていたとき広…

広告グループをマッチタイプ別に作成する重要性...

マッチタイプは広告グループ毎に分けた方がいいのか、それとも1つの広告グループの中で管理した方がいいのかの回答は、どちらでもいい。広告グループで管理することで、掲載順位や検索クエリやインプレッションシェアの損失率などが見やすくなるので、その点を考慮するのかし…

絞り込み部分一致とは -フレーズ一致との違い...

絞り込み部分一致とは、登録キーワードの全てが検索クエリに含まれていた場合に、広告表示の機会が与えられる「構文の一致」のマッチタイプ。 絞り込み部分一致の特徴 絞り込み部分一致としてキーワードを設定するには、キーワードに先頭に[+]を付けることで機能する。 …