タグ: マッチタイプ

【詳解】ターゲット地域の詳細設定...

AdWords/Yahoo!プロモーション広告共に「ターゲット地域」と「ターゲット地域の詳細設定」の関係性について理解することはアカウント構成の品質を高める。 まず、概念として理解しておいた方がいいことは、「ターゲット地域」で設定した”地域”に対しての条件…

指名キーワードのアカウント構成...

指名キーワードを登録するかどうかについて、私は大方登録した方がいいという考え。クライアントに判断を委ねるのではなく理由を説明して登録するメリットを説いた方がいい。 自社の指名キーワードは完全一致と部分一致で登録する。指名キーワードは辞書的な意味合いでは関連…

部分一致をアカウント構成の主軸にする...

AdWordsの自動入札機能を活かせる構成やマッチタイプの理解を深めていくとアカウント構成の組み方が変わってくる。マッチタイプの根本的な役割を理解することで、アカウント構成の出発点が変わってくるのでAdWordsヘルプは熟読した方がいい。アカウント構成に関…

絞込部分一致+部分一致の組み合わせは使えない...

マッチタイプの組み合わせで、絞込部分一致と部分一致を組み合わせる方法がある。これは片方のキーワードを固定にし、片方のキーワードを部分一致にし拡張することを狙ったやり方だ。しかしこの方法、全く使えないのだ。なぜかというと、部分一致を指定したキーワードの拡張が…

キーワードは完全一致と絞込部分一致で登録する...

キーワードは完全一致と絞込部分一致で登録する。これには、ほとんど例外がない。完全一致だけ登録するということはあるかもしれないが、とりあえず動かさなくてもいいから、絞込部分一致も合わせて登録した方がいい。後から登録するのは面倒だからだ。除外キーワードの設定と…

完全一致と絞込部分一致で拾えないキーワードを部分一致で拾う...

俺がリスティングの基本的な考え方として採用しているものの一つに、止めるよりかは、低予算で動かすというものがある。もちろん可能性がなければ止めた方がいいのだが、今回のような、部分一致を動かすか否かについては、動かすことについてのメリットが多い為、マッチタイプ…