曖昧な検索キーワードの検索意図を自然検索で確認する ...

単一キーワードや、複合キーワードの場合でも様々な検索意図が含まれているが、その検索意図は万遍なく分布されているわけではなく、むしろ偏りがある。このキーワードに含まれる検索意図を知るには自然検索による検索結果が役に立つ。キーワードに含まれる割合の多い検索意図…

私、リスティング広告プレイヤーが転職した理由...

誰も私に興味ないと思うが、リスティングを生業としている身として、この稀有な職種の転職事例を残して置くことに意味があると思うので記しておく。また、私はまだリスティングと出会って短いが、私の人生がリスティングに大きく助けられたからだ。だからGoogleには本当…

アカウント構成では検索意図と自動入札機能は矛盾しない...

前々から言っていることだが、アカウント構成は検索意図に基づいて設計する。ここ数年この考え方について自分自身で反証を試みるも、やはり正しいという結論になる。というのも、アカウント構成は広告やLPを中心に構成するということを言う人が多いので、改めてそれは間違っ…

絞り込み部分一致に昇格させるキーワードの見つけ方...

部分一致から得られた検索語句データから、絞り込み部分一致として登録するキーワードを見つける。CVにつながりやすいキーワードであれば、部分一致から切り離してより強い入札単価を設定することでCVを増やすことができる。当然ながら、絞り込み部分一致のキーワードは、…

リマーケティングの配信先により興味関心を掴む...

サイト訪問直後のリマーケティングの配信先から、ユーザーが直近にどのようなことに興味関心があるのかを知ることができる。できれば1日のリストサイズで検証するのが理想だが、無理であれば配信可能なギリギリの最低日数で検証を行う。 面白いのは、個々人は異なるが、母数…

コンテンツターゲットで成果が出るモバイルアプリを探す...

モバイルアプリ面への配信は誤クリックが多くモバイルアプリを一括して除外設定するケースが取られがちだが、重大な機会損失を生んでいる可能性がある。モバイルアプリもディスプレイネットワークの一部なので、手動プレースメントと同じ考え方で配信面を指定することができる…

検索パートナーとアドセンスの関係性...

AdWordsの検索パートナーの説明でネット上で一切触れられないことがある。よくある説明としてBIGLOBEやgooなどが提携パートナーとなっているというもの。他の記事を参照して字面を変えて書いた記事がほとんどなので、似たり寄ったりな内容になり、なぜかある…

【書評】会社は「1人」で経営しなさい...

税理士・中小企業診断士の資格を持つ著者の提言であるので説得力があるが、そう簡単に1人で経営を永続させるのは容易くないと私は思う。しかも、1人で成り立つ仕事事体が限られてくるだろうし、この時点でかなり対象者は絞られるだろう。士業、不動産経営、プログラマー等。…

RLSAのアカウント構成

部分一致の拡張性とはいえ、予め登録したキーワードから得られた検索クエリは想定の域を超えにくい。RLSAを使うことで、ユーザーの質を落とさず、検索クエリの幅を広げることができる。つまり、一度サイトへ訪問したユーザーに絞った上で、登録キーワードの幅を広げること…

【書評】アフィリエイト報酬アップの絶対法則61 ...

数多くのアフィリエイトの入門書があるが、この本はその中で最も優れている。文字が小さく分量がかなりある点が良い。巷に溢れる入門書は中身スカスカでASPとはブログの始め方とかから始まり、どうでもいいような内容でありながら、物販アフィリエイトという最高難易度の手…

【難易度】SEO検定3級【受験記】...

一般社団法人全日本SEO協会が主催するSEO検定。 1級から4級まである。学習方法はテキストでの自習や通学講座やダウンロード講座などがある。 難易度 4級とほぼ変わらない難易度。テキストを読まずとも余裕で合格することはできるが、この検定の場合、テキストが面…

【書評】ランディングページの教科書...

可もなく不可もなくといったところ。大きく前半と後半で、ランディングページとインターネット広告でトピックが分かれているが、特に深く突っ込んで書いているわけでもなく、大きな感銘を受けることもなかった。 私、個人的な意見だが、というかこのブログ全てが個人的な意見…

部分一致はどのように構成するか...

マッチタイプを広告グループ毎に分ける必要はないという見解に対して、それがいかに間違っているか、今回は部分一致を例にとって解説する。マッチタイプを1つの広告グループにまとめてもよいと提唱しているのは、ごく一部の人達であって、まともな思考ができるのであれば、間…