Swarmを利用した行動ターゲティング...

Swarmという位置情報をTwitterと連携しているユーザーをターゲティングすることができる。これは興味関心というよりも、実際にその場所にいたという事実なので、それが活用できる商材であれば利用価値は高い。なによりもすでに行動を起こしたユーザーに対してアプ…

MACKIE Big KNOB Passive レビュー

入力はCDプレヤーとPCのみで、この2つのチャネルを切り替えるために以前は、 同じくMACKIEのMIX5を使っていたのだが、ただ2系統のチャネルをまとめるだけが目的であったため、今回の Big KNOB Passive へ切り替えた。 数か月、使用してみ…

リマーケティングとコンテンツターゲットを組み合わせる...

例えば540日間のリマーケティングリストの活用法として、リマーケティングとコンテンツターゲットを組み合わせる方法がある。広告の配信タイミングを関連ページ閲覧時に限定することを狙った施策だ。 この組み合わせによって、長期間のリマーケティングリストを無駄コスト…

期間毎リマーケティング・リターゲティングの仕組み/設定方法...

期間毎リマーケティングとは、サイト訪問時からの期間に応じて1人あたりに配信する配信回数に強弱をつける手法のことだ。 全ての商材に当てはまることだが、サイト訪問時から期間が空けば空くほどCVに至る可能性は低くなる。 逆に言えば、日数が経っていないほどCVに至…

除外キーワードの設定で機会損失を生む事例...

各キャンペーンで登録した絞込部分一致のキーワードに対しては、そのキャンペーンで登録したキーワードが含まれていなければならない。他のキャンペーンで登録したキーワードが含まれてはならない。 これを実現するために、各キャンペーン間に除外キーワードをがんじがらめに…

YDNのアカウント構成のベストプラクティス...

YDNのアカウント構成の最適化について公式ページやヘルプページの情報を元に解説したい。 これはリスティングのブラックボックスとういう側面から、私の憶測も含まれているが、現時点での最適解をまとめたものだ。 YDNの広告の掲載順位はオークションランクによって決…

「検索を含むすべての広告掲載方式」とは何か...

私自身、昔、誤解していたのだが、この「検索を含むすべての広告掲載方式」はYDNのインタレストマッチとは別ものだということだ。かといって「検索を含むすべての広告掲載方式」にインタレストマッチ的な要素が全くないわけではない。 インタレストマッチ的要素があるとい…

インフィード広告【YDN】を運用してみて気付いたことまとめ...

画像表示シミュレーターで実際の広告の見え方を確認する インフィード広告の画像はトリミングや縮小されて配信される。それを想定して画像を作成しなければならないのだが、実際にどう配信されるのかをシュミレーターを使って必ず確認することだ。 テンプレート広告用画像シ…

カテゴリページでミドルキーワードを狙う...

キーワードは検索需要を基準として、ビックキーワード・ミドルキーワード・スモールキーワードに分けられる。 それぞれ自然検索上位表示させるにはビックキーワード>ミドルキーワード>スモールキーワードの順で難しくなる。 ぞれぞれキーワードのバリエーションがビックキ…

ITで独立開業に向いているのはリスティング広告運用代行...

リスティング運用代行が1人ビジネスで最強である理由 PC1台と携帯とコピー機があれば事足りるフィービジネス 何か物を売るわけではないので在庫なし。毎月必ず継続的に既存クライアントからフィーが発生する。 このようなフィービジネスは、弁護士や公認会計士、税理士…

RLSAにおけるキーワード選定の方法...

私の中で、インターネット広告では未だにリスティング広告(検索連動型広告)を超える広告は出てきていないと思っている。GDN/YDNで多くのディスプレイネットワークを利用したターゲティングが生み出されてきたがリスティングを超えられてはいない。 検索キーワード事…