除外キーワードの設定で機会損失を生む事例