カテゴリー: Google 広告

広告カスタマイザで地域に応じて広告文をカスタマイズする...

広告カスタマイザを使うことで広告文をいくつも作成することなく、多くのバリエーションを作成することができる。このメリットは広告文のインプレッションやクリック数のデータを1つに集約されることで、広告に対して正確な評価がされやすくなり配信の最適化がなされる。 例…

【詳解】検索向け類似ユーザー機能 ...

検索向け類似ユーザー機能とは、リマーケティングリストを元に検索の類似性があるユーザーを割り出し、このオーディエンスをターゲット設定し新規ユーザー(サイト未訪問)に限定して検索広告を配信できる機能。 つまり、予め対象となるユーザーを絞り込んだ上で配信ができる…

集客を上げる配信エリアの効果的なプロモーション設定...

特に来店型のビジネスを展開していている場合、通常、大きな範囲で配信エリアを指定していると思うけど、さらにそこから配信エリアを狭く指定することで、2重3重と配信エリアを指定する視点が欠けているケースがある。ここを調整するだけでも大きく成果改善の可能性がある。…

グローバルサイトタグ・GTMを用いたCV設定の基本...

Google広告を利用している中には、代理店でリスティングを運用している人以外にも、自社運用で本業の傍らリスティングの運用を行っているケースがあると思う。むしろそちらの方が多いのではないか。そのような人たちがグローバルサイトタグへの移行をスムーズに行えるの…

広告オークションの仕組み -まずキーワードが検出される...

最近、広告オークションではまず、広告が検出されるという意見を聞くことがあるが、明らかに間違っている。この件に関してこれまであまり気にしたことがなかったので、以前の記事でさらっと同意してしまったが、いやいやちょっと待てよ、違うでしょということで、今回、改めて…

レスポンシブ検索広告の意義 -柔軟性の向上-...

まずレスポンシブ検索広告のヘルプページを読んで驚いたのが、ユーザーの検索キーワードや、検索履歴・場所・端末などのコンテキストから最適な広告文を組み合わせて表示させるのがレスポンシブ広告だと読み取れたこと。というのも、機会学習を「広告文」へ適応させたことを公…