カテゴリー: GDN

コンテンツターゲットで成果が出るモバイルアプリを探す...

モバイルアプリ面への配信は誤クリックが多くモバイルアプリを一括して除外設定するケースが取られがちだが、重大な機会損失を生んでいる可能性がある。モバイルアプリもディスプレイネットワークの一部なので、手動プレースメントと同じ考え方で配信面を指定することができる…

プレースメントxコンテンツキーワードが今後重要になる...

時期は忘れたが、コンテンツターゲットで以前は精選キーワード ターゲット(DSK)と呼ばれていたターゲティングが全てのアカウントで使えるようになった。これにより、この単体の機能というよりも手動プレースメントと組み合わせることで大きな価値が生まれる。 この組み…

【 Adwords 】ライトボックス広告の解説【 2016年度版 】...

なぜか認知度が低いというか、敬遠されがちなライトボックス広告。 使ってみると、別に通常のバナー広告の作成とほとんど変わらないし、見せ方のバリエーションが増えるので、もっと使う機会が増えていいと思う。 なんとなくイメージから、上級者が使うものとして敬遠されて…

クリック単価の高いジャンルのアドセンス広告などない...

クリック単価の高いジャンルのアドセンス広告があるなんて誰が言った? 私はリスティングの他にも、PPCアフィリエイトのブログや、アフィリエイトのブログをよく読む。 不動産投資やFXなど理解できないし、勝てもしないだろうし、興味もない。 本職がリスティングなの…

AdWordsから見た「ページ単位の広告」【アンカー広告/モバイル全画面広告】...

知識のバックグラウンドをいくつも持っておくと、異なった視点から眺めることができるので単純に見解の幅が広がる。 それは全く関連性のないジャンルでもいい。むしろその方が真似できないバックグラウンドの組み合わせとなるため差別化が図りやすい。 だがそれは修得に困難…

コンテンツターゲットを利用してプレースメント先を見つける方法...

キーワードによるコンテンツターゲットを利用してプレースメント候補を探すやり方は、言い換えればシステムにプレースメント先を見つけてもらうということだ。コンテンツターゲットを運用すればどこに配信されているかはデータとして残るので、それを見て使えるプレースメント…

カスタムアフィニティカテゴリの謎...

カスタムアフィニティカテゴリという名称からして、期待を持たせるような機能がYahooにもGoogleにもあるが、このカスタムアフィニティカテゴリもその1つだ。名称の印象からして、独自のカテゴリを作成できるような感じがするが、実際のところどうなのか。実務で使…