カテゴリー: アカウント設計

複合キーワード(2単語)を登録する意味についてよく考えた方がいい...

複合キーワード(2単語)を登録することに、どのような意味があるか考えたことがあるだろうか? どのような目的があって複合キーワードを登録するのか。 ただ検索クエリを確認して、検索クエリに複合キーワードが含まれていたから登録する。 何のために? 複合キーワード…

CVが獲得できた検索クエリから共通点を見つけてそのキーワードを強化配信する...

コンバージョンが獲得できた検索クエリから共通点がないか調査する。 もし、共通点があれば、その検索クエリを拾うためのキーワードを強化配信を行えばCVの増加が見込める。 検索クエリの確認方法はAdWordsの管理画面からみる。 まずは、1番大きな枠組みから。 …

アナリティクスを使用してキーワードの精査を行う...

2単語の複合キーワードを登録して、登録しっぱなしではなく、キーワードの精査を行うことがアカウントの質を高める上で必須の作業だ。「今月はこのキーワードでコンバージョンが獲得できました」とか「このクエリでコンバージョンが獲得できたから、キーワードとして登録」と…

複合キーワード・完全一致・絞込部分一致・部分一致の関係性について -優劣の視点か...

2単語を組み合わせた複合キーワードを登録する意味について考えたことがあるだろうか?なぜ1単語のキーワードではなくて2語を組み合わせたキーワードを登録する必要性があるのか?答えを言うと、2単語を組み合わせたキーワードを登録する必要があるのは、そのキーワードが…

直帰率・平均セッション時間でみる完全一致VS絞込部分一致...

単一キーワードを完全一致と絞込部分一致で登録している場合、そのキーワードを直帰率・平均セッション時間の指標で戦わせ、どちらが優れているのかを検証するとおもしろい。どのキーワードが優れているのかはコンバージョン値だけが目安になるものではない。CVだけに頼ると…

絞込部分一致+部分一致の組み合わせは使えない...

マッチタイプの組み合わせで、絞込部分一致と部分一致を組み合わせる方法がある。これは片方のキーワードを固定にし、片方のキーワードを部分一致にし拡張することを狙ったやり方だ。しかしこの方法、全く使えないのだ。なぜかというと、部分一致を指定したキーワードの拡張が…

CPAの高いキャンペーンのCPAを下げる方法...

例えば、GDNのインタレストを使用し、アフィニティや購買意向の強いユーザーのカテゴリをそのまま使い配信していたとしよう。かなり細かくカテゴリが分かれている割には、全く成果がでない、もしくは、かなり高いCPAでのCVの獲得になっていたとする。カテゴリは配信し…

キーワードは完全一致と絞込部分一致で登録する...

キーワードは完全一致と絞込部分一致で登録する。これには、ほとんど例外がない。完全一致だけ登録するということはあるかもしれないが、とりあえず動かさなくてもいいから、絞込部分一致も合わせて登録した方がいい。後から登録するのは面倒だからだ。除外キーワードの設定と…

完全一致と絞込部分一致で拾えないキーワードを部分一致で拾う...

俺がリスティングの基本的な考え方として採用しているものの一つに、止めるよりかは、低予算で動かすというものがある。もちろん可能性がなければ止めた方がいいのだが、今回のような、部分一致を動かすか否かについては、動かすことについてのメリットが多い為、マッチタイプ…