カテゴリー: アカウント設計

フレーズ一致は絞込部分一致と併用する...

絞込部分一致が登場してからも、フレーズ一致を使う機会がなくなったわけではない。 複合キーワードの場合、絞込部分一致に加え、フレーズ一致を追加し広告グループで分けて管理して、どちらが優れているか比較する。 検索意図が異なるのであれば、キャンペーンなり広告グル…

複合キーワードのキャンペーン構成の組み方...

キャンペーン名には何を軸として構成すればよいかの解説。 例えば、複合キーワード(2単語)は「メインキーワード」+「サブキーワード」による構成だが、キャンペーン名には比較が行えるキーワードを置く必要がある。 組合せは大よそ以下の3パターンに収まる。 ・名詞+…

アカウント構成は検索意図と広告掲載順位を元に設計する...

マッチタイプはどのレベルで分けるのが適切か? マッチタイプは広告グループで分けて管理することが、そもそも前提として議論されているようだし、そのようなアカウント構成を採用していることが多いだろう。だが、私はまずマッチタイプを広告グループで分けて管理する妥当性…

部分一致はいつまで運用すべきか?新規キーワード発掘のためのRLSA活用法...

先に私の回答を述べると、ずっと動かす。 部分一致の運用期間 部分一致の役割は、新たなキーワードの発掘のためだ。 この予測できない意外なキーワードは半年後に見つかるかもしれないし、1年後に見つかるかもしれない。 今は検索が行われないキーワードであるが、将来的…

リスティングの入札単価調整?いったい何を調整してるの(笑)...

よくリスティングの「入札単価調整」という言葉を見たり聞いたりすることがあるが、私から言わせれば入札単価をいじくる時点でそのアカウント構成は間違っているし、運用方法も間違っている。 入札単価の調整って聞くけど、いったい何を調整しているのか不思議だ。 まあ、ど…

アカウント構成の改善例 -何万というキーワードを登録し、その分だけ広告グループを...

経緯 何万というキーワードを登録し、その分だけ広告グループを作成しているアカウント構成。 やる前から、失敗するだろうなと想定していたし、その後、壊滅的な状態で私に丸投げしてくるだろうなと、ここまで読んでいたが、全くその通りの状況になり、私がアカウントを引き…

クリック単価が低く表示回数が多いキーワードを別キャンペーンに移行し配信ボリューム...

キャンペーンでは、ほぼ同義のキーワードをひとまとめにして管理する。 また、同一の検索意図をひとまとめにしたものがキャンペーンとも言い換えることもできる。 しかしながら、検索意図が同じキーワード群の中でも、違和感のあるキーワードがあるなら、それを別キャンペー…

多くの検索クエリを拾いたいならビックキーワードの部分一致ひとつでいい...

何百、何千と2単語のキーワードを部分一致で登録してあるアカウントがある。 それにはどんな意図があるのだろうか。 できる限り、多くの検索クエリを拾いたい? だったら、ビックキーワード1つを部分一致で登録すれば済む話でしょ。 マッチタイプの部分一致って、意味を…

広告グループの命名規則ベストプラクティス...

先頭は数値で管理 広告グループ名の先頭は数値で管理する。 数値で管理するのは昇順に並べたいのと、ソートをする場合もうまくいくからだ。 そして、位によってカテゴリを分けることができるからだ。 例えば、00~02はそれぞれ完全一致・絞込部分一致・部分一致。 1…