カテゴリー: アカウント設計

フレーズ一致は絞込部分一致と併用する...

絞込部分一致が登場してからも、フレーズ一致を使う機会がなくなったわけではない。 複合キーワードの場合、絞込部分一致に加え、フレーズ一致を追加し広告グループで分けて管理して、どちらが優れているか比較する。 検索意図が異なるのであれば、キャンペ…

部分一致はいつまで運用すべきか?新規キーワード発掘のためのRLSA活用法...

先に私の回答を述べると、ずっと動かす。 部分一致の運用期間 部分一致の役割は、新たなキーワードの発掘のためだ。 この予測できない意外なキーワードは半年後に見つかるかもしれないし、1年後に見つかるかもしれない。 今は検索が行われないキーワード…

アカウント構成の改善例 -何万というキーワードを登録し、その分だけ広告グループを...

経緯 何万というキーワードを登録し、その分だけ広告グループを作成しているアカウント構成。 やる前から、失敗するだろうなと想定していたし、その後、壊滅的な状態で私に丸投げしてくるだろうなと、ここまで読んでいたが、全くその通りの状況になり、私が…

クリック単価が低く表示回数が多いキーワードを別キャンペーンに移行し配信ボリューム...

キャンペーンでは、ほぼ同義のキーワードをひとまとめにして管理する。 また、同一の検索意図をひとまとめにしたものがキャンペーンとも言い換えることもできる。 しかしながら、検索意図が同じキーワード群の中でも、違和感のあるキーワードがあるなら、そ…

多くの検索クエリを拾いたいならビックキーワードの部分一致ひとつでいい...

何百、何千と2単語のキーワードを部分一致で登録してあるアカウントがある。 それにはどんな意図があるのだろうか。 できる限り、多くの検索クエリを拾いたい? だったら、ビックキーワード1つを部分一致で登録すれば済む話でしょ。 マッチタイプの部分…