カテゴリー: SEM本

【書評】ロングテールアフィリエイトの極意...

キーワード選定はリスティング広告において最も重要な工程だ。 だが、他社アカウントの登録キーワードとかマッチタイプとか見てて強く思うことだが、お金に対してなんとも感じてないんじゃないかということだ。 検索連動型広告のクリック単価は昔と比べて高…

【書評】Twitter広告運用ガイド

私のトレンドは今更ながら、Twitter広告が来ている。 Twitter広告それだけを見ると、Yahoo!プロモーション広告やAdWordsと比べてCVRは劣るだろうし、商材との相性がそもそも合わないことが多いだろう。だが、それは正攻法の攻…

【書評】Google流資料作成術

この本は特定の業種にとどまらず、何かを伝える必要がある人に向けて書いたと著者は述べる。 だが、この本を何回か読んでみて、まさにリスティング向けなんじゃないかと感じた。 著者は、データを見せる際、余計な装飾を付けないことを推奨している。 巷に…

【書評】集客・検索キーワードの選び方・使い方...

どちらかというと、SEO寄りだが非常に良書。 リスティング場合は2単語以上のキーワードを登録する必要はほとんどなく、多くてサブキーワードまでで対応できる。3単語の掛け合わせはリスティングには必要なく、CVにつながるメインキーワードとサブキー…

【書評】SEO検定公式テキスト 4級 -2016年版...

「SEOの意義」 > 「ネット広告費の削減」の項目が、リスティングとSEOの架け橋となる今重要な問題定義だと感じた。 リスティングがダメだと言っているわけではない。 要は適材適所に広告を使い分けるということだ。 リスティングが不可欠な…

【書評】JWA公認 Webアナリスト検定 公式テキスト...

Webアナリスト検定の公式テキストということだが、姉妹本?の『Web分析の教科書』の方が良かった。 基本的な知識を広く浅く記述してあるので、正直頭に入ってこない。 頭に入れたとしても、ここに書いてあることを実践するのは難しいだろう。 それは…

【書評】できるGoogleAdSense100ワザ...

GoogleAdSenseを先週あたりから導入している。 AdWordsに従事してる身としては、対極のAdSenseも理解しておいた方がいいだろう。 アドセンスに関してもGoogleの公式ヘルプページがあるが、最初のとっかかりとしては読みに…

【書評】リスティング広告プロの思考回路...

2011年に刊行されたものなので、多少内容が古めかしくなっているのが否めないのだが、今でも示唆に富む内容を含んでいる。 特に「[2-2]予算消化の無駄玉を減らす季節性キーワードの戦い方」の章は、重要ではありながらも、そこまで分析する余裕がな…

【書評】インハウスSEO成功のための実践テクニック...

他のSEO書籍と比べて、比較的著者の個性が強く出ていると感じた。当たり障りのない似たり寄ったりの初心者本のSEO書籍は十分なので、このこと事体は非常に好感が持てた。 例えばC言語が最も顕著だが、初心者を対象としたC言語の本が毎年大量に発行さ…